2011年10月09日

1986年の残照 円高 1

 ニューヨーク五番街、セントラルパークの前に立つプラザ・ホテル。

ここで1985年、ヴァーノン・デュークのジャズの名曲「オータム・イン・ニューヨーク」が似合う季節に先進五カ国の首脳が集まって為替レートに関する話し合いが行われた。その結果結ばれた合意はホテルの名前にちなんでプラザ合意と呼ばれる。

 プラザ合意後、日本には極端な円高により輸出産業が中心の日本経済は大打撃を受けるとの悲観論が蔓延したが、実はこの国際間合意は日本も戦後やっと欧米並みの産業水準に達したということの証しでもある。欧米が発明・開発した製品は、品質管理重視の産業方針により日本で高品質化され、米国を中心に欧米諸国に輸出された。日本は、産業力の向上に伴い、狭い住宅を除けば、生活水準そのものもかなり向上した。

 技術ただ乗り論もよく議論される。日本は欧米が発明した技術を利用して儲けてるだけだと欧米先進国から非難される。プラザ合意は、もう欧米発祥の技術に頼るのではなく、日本独自の新技術開発をして世界に貢献せよと戦後の産業政策の大転換を促している。

 そうはいっても、発見・発明を中心に据える産業構造への転換は容易ではない。種を見つけても、簡単には芽が出ないし、出たとしても国民の雇用を支える一大産業に成長するまでには時間がかかる。また、本当に成長するかどうかも不透明だ。とりあえず、目先の食い扶持を確保するために、円高の経済への悪影響を最小限に食い止める政策が打ち出される。金融緩和でカネがじゃぶじゃぶと市場に流される。

 カネはカネを求める仕事に流れる。新事業は資金を必要とするから、そこに集中的に流れればいいのだが、知識と知恵と発想が必要な新事業は簡単には起きない。すると、手っ取り早くカネを吸収できる分野へとカネは流れていく。だから、土地と株だ。実質的な価値とは無関係に土地と株を転がすことで価格は上昇し、そのことが人々の仕事を生み出す。

 カネがカネを生み出す仕掛けに乗ってみんなが踊る。


posted by 論虚空 at 07:54| 1986年の残照 序章 円高 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。