2012年04月13日

1986年の残照 令嬢 20

 早苗は会場の正面に立つと両手を揚げてパチパチと手を叩いた。「皆さん、今晩はようこそお越し下さいました……」と早苗の挨拶が始まると会場内はさーっと静かになっていった。防犯と刑務所出所者の社会復帰のための慈善活動への協力を感謝する旨を述べる彼女の挨拶が終わりかけたとき「それでは、今日は新しい方をご紹介します」と言った。彼女は視線を会場の後ろのほうに向けて「警視庁捜査一課に赴任された早坂警部です」と腕で一番後ろのテーブルにいる早坂を指し示した。
 参加者は一様に後ろを振り返って、俯きがちに手を揚げている早坂に視線を向けた。

 早苗の挨拶が済むと、会場の脇から二人の男とバイオリンを持った女が出て来た。一人の男はピアノの前に座り、もう一人の男は中央に立ち、女はその横に立った。
中央に立った男が言った。「それでは、今晩はオペラの名曲でお楽しみいただきます。その他にもいろいろとおもしろい歌を歌わせていただきます」

 彼らは演奏を始めた。中央の男は力強く伸びやかなテノールの歌声を披露してくれた。ヴェルディやプッチーニのオペラを歌った。ラ・トラビアータより「乾杯の歌」、トスカより「星は光りぬ」、トゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」などの定番の歌曲を歌った。
 その他にもカンツオーネや演歌をオペラ風にアレンジして歌ったりもした。早坂も他の参加者も歌をかなり楽しんでいたようで、一曲終わるごとに大きな拍手が会場内に沸き起こった。

-------------------------------------------------------
お読みいただきありがとうございます。
ご興味がおありでしたら、他の連載回もご覧ください。
本作品は1年程度連載予定ですので、ぜひブックマーク、あるいはお気に入りにご登録ください。



posted by 論虚空 at 06:05| 1986年の残照 5章 令嬢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。